LEGENDARY ATHLETE
& YELL MOVIE
講師紹介&エールムービー

  • 野村 忠宏さんからのエール

    執念

    野村 忠宏 TADAHIRO NOMURA

    柔道

    柔道家。1974年奈良県生まれ。祖父は柔道場「豊徳館」館長、父は天理高校柔道部元監督という柔道一家に育つ。アトランタ、シドニー、アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック三連覇を達成する。その後、たび重なる怪我と闘いながらも、さらなる高みを目指して現役を続行。2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。2015年9月に著書「戦う理由」を出版。ミキハウス所属。

    野村 忠宏さんからのエール

    執念

    Movie Movie

  • 杉本 美香さんからのエール

    笑顔

    杉本 美香 MIKA SUGIMOTO

    柔道

    現役時代は度重なる大怪我に悩まされたが、その試練に打ち勝ち2010年の東京世界選手権で二階級制覇を果たす。これは日本人女子では初、世界でも3人目の快挙。2012年にはロンドン五輪に出場し銀メダルを獲得。柔道界では、持ち前のリーダーシップと明るい性格で先輩、後輩からも慕われている。現役を引退後、テレビ・イベントへの出演や全国各地で柔道教室を行い普及活動にも取り組んでいる。

    杉本 美香さんからのエール

    笑顔

    Coming soon

  • 加藤 久さんからのエール

    一意専心

    加藤 久 HISASHI KATO

    男子サッカー

    1956年、宮城県生まれ。日本代表選手として82年第9回アジア大会出場、84年から87年までは日本代表主将を務め、第10回アジア大会、ロス五輪・メキシコワールドカップ予選大会などに出場。読売サッカークラブ、ヴェルディ川崎、 清水エスパルスなどでプレーし、94年に引退後は、J リーグチームの監督やGM、サッカー解説者などを務める。体育学の研究者として博士号を取得。

    加藤 久さんからのエール

    一意専心

    Coming soon

  • 山本 昌邦さんからのエール

    志は高く身は低く

    山本 昌邦 MASAKUNI YAMAMOTO

    男子サッカー

    現役時代にはディフェンダーとして、ユース代表、ユニバーシアード代表、日本代表とそれぞれの世代で、日本代表選手として活躍。また、ヤマハ発動機サッカー部では、二部リーグ優勝、天皇杯優勝を一度ずつ経験。1987年に現役引退。その後、指導者としての道を歩み、ジュビロ磐田での監督・コーチ、日本代表コーチとして、フィリップ・トルシエ氏やジーコ氏を支え、2004年アテネオリンピックでは日本代表監督を務めた。

    山本 昌邦さんからのエール

    志は高く身は低く

    Coming soon

  • 木村 浩吉さんからのエール

    初志貫徹

    木村 浩吉 KOKICHI KIMURA

    男子サッカー

    高校、大学ではサッカー部には属さず、三菱養和サッカースクールでサッカーを学んだ。 大学3年の時に西ドイツへ渡りクラブの練習に参加するなど海外サッカーへのチャレンジを積極的に行った。大学卒業後に日産自動車サッカー部(現 横浜マリノス)に所属し、 2年連続3冠(リーグ戦、天皇杯、JSLカップ)達成に貢献した。
    29歳で現役を引退し指導者の道へ進む。1993年から横浜マリノスのヘッドコーチ・強化部長を経て2008-2009年に横浜マリノス の監督を務める。その後JFAナショナルトレセンコーチを経て、2011-2014年ラオス代表監督就任2015年から日本代表世代別代表のダイレクターとして次の日本代表を育成する作業に従事、今に至る。

    木村 浩吉さんからのエール

    初志貫徹

    Coming soon

  • 三浦 淳寛さんからのエール

    自信と過信は紙一重

    三浦 淳寛 ATSUHIRO MIURA

    男子サッカー

    長崎県立国見高等学校では、全国高校選手権で2度の優勝を果たす。1994年に横浜フリューゲルスに入団。同チームにとって合併前最後の天皇杯を優勝に導き、東京ヴェルディ時代にはJリーグオールスターサッカーMIPを受賞。2000年シドニーオリンピックでは日本代表に選抜され、ベスト8進出に貢献した。2011年4月に現役引退。

    三浦 淳寛さんからのエール

    自信と過信は紙一重

    Movie Movie

  • 川口 能活さんからのエール

    苦は楽の種

    川口 能活 YOSHIKATSU KAWAGUCHI

    男子サッカー

    1975年、静岡県生まれ。SC相模原(J3 リーグ)所属。94年に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に加入し、2年目にはJリーグ新人王のタイトルを獲得する。 以来、日本人GKとして初の欧州移籍を果たすなど、長年にわたって第一戦で活躍している。96年アトランタ五輪の「マイアミの奇跡」、アジアカップ2004での連続PK ストップ、4度のW杯選出など、日本代表でも数々の実績を残した。

    川口 能活さんからのエール

    苦は楽の種

    Movie Movie

  • 文 弘宣さん 米津 美和さんからのエール

    夢・努力・実現

    文 弘宣 HIRONORI BUN

    /

    米津 美和 MIWA YONESTU

    女子サッカー

    INACは地元神戸市および兵庫県におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらには国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして、2001年4月に設立しました。トップチームであるINAC神戸レオネッサは、関西リーグを経て、2005年にLリーグ(現なでしこリーグ)2部に参入。翌2006年、1部へ昇格しました。2010年に全日本選手権にて初タイトルを獲得し、2011年には念願のリーグ優勝を達成し、同年に開催されたFIFA女子ワールドカップではINACから澤穂希、川澄奈穂美、大野忍、近賀ゆかりを含む7名の選手が招集され初優勝に大きく貢献しました。その後、リーグ3連覇、全日本選手権4連覇を果たしています。

    文 弘宣さん 米津 美和さんからのエール

    夢・努力・実現

  • 山本隆弘さんからのエール

    志あるところに、道ありき

    山本 隆弘 TAKAHIRO YAMAMOTO

    男子バレー

    中学一年でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。 一年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場。バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。 その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとして日本デビューを果たす。 卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。 サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。 2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。 そして日本中の期待を背負って臨んだアテネオリンピック予選、惜しくも本大会への出場は逃してしまった。 その後、2年ほど日本代表から離れるが、2006年に代表復帰。 アテネの雪辱に燃える2008年の北京オリンピック。見事チームを本大会へと導いた。 2011年のロンドンオリンピック日本代表にもチームのまとめ役として日本代表に選出。2回連続のオリンピック出場を目指したが、予選敗退で本大会出場は叶わなかった。 2012/2013年シーズンをもって現役を引退。 バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。2014年、小学生バレーボール大会「T-FIVE CUP」を企画し開催。現在は関東、近畿、中国、四国、九州の5地区で開催。また、趣味でロードバイクに乗り始め、日本一大きなサイクリストとして、自転車のイベントなどにも積極的に参加し、地元鳥取での「GREAT EARTH鳥取すごい!ライド」では、自ら誘致に積極的に動き、2016年11月に開催した。

    山本隆弘さんからのエール

    志あるところに、道ありき

    Coming soon

  • 眞鍋 政義さんからのエール

    夢は必ず叶う!

    眞鍋 政義 MASAYOSHI MANABE

    女子バレー

    大阪商業大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセッターとして数々のタイトルを獲得。国際大会経験も豊富で、1988年のソウルオリンピックをはじめ数々の大会に出場、日本を代表するセッターとして長きにわたり活躍した。現役引退後は、久光製薬スプリングス監督で指揮を執った後、2009年に日本代表監督に就任。2010年の世界選手権では、試合中にiPadを手にしながら緻密なデータ分析をしながら指示を出す「IDバレー」で同大会32年ぶりとなるメダルを獲得。2012年ロンドンオリンピックでは28年ぶり悲願の銅メダルを獲得を果たした。

    眞鍋 政義さんからのエール

    夢は必ず叶う!

    Movie Movie

  • 大山 加奈さんからのエール

    練習で泣いて 試合で笑う

    大山 加奈 KANA OYAMA

    女子バレー

    小学校2年生からバレーボールを始め、全日本バレーボール小学生大会で全国制覇。以来 “バレー界の金の卵”と注目され、成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では主将として春高・インターハイ・国体の3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇を経験。
    2001年に全日本代表に初選出、翌2002年5月の日米対抗でデビュー。同年世界選手権とアジア大会では、唯一の高校生プレーヤーとして出場。
    2003年4月に東レアローズ女子バレーボール部に入部(東レ入社)。
    同年開催のワールドカップでは栗原 恵とともに『メグカナ』と呼ばれ、「19才コンビ」として注目を浴びた。この年の第10回Vリーグでは新人賞を獲得、翌2004年にはアテネオリンピックに出場するなど、力強いスパイクを武器に日本を代表するプレーヤーとして活躍。2010年6月、現役を引退。
    2014年3月に11年間在籍した東レを退社し、現在は公益財団法人日本バレーボール協会の広報委員、公益財団法人日本体育協会の情報誌"Sports Japan"編集部会員を務めながら、キッズコーディネーショントレーナーの資格を取得し、全国での講演活動やバレーボール教室に精力的に取り組み幅広く活動している。

    大山 加奈さんからのエール

    練習で泣いて 試合で笑う

    Movie Movie

  • 杉山 祥子さんからのエール

    為せば成る

    杉山 祥子 SACHIKO SUGIYAMA

    女子バレー

    小学5年生でバレーボールを始める。高校は親元を離れ県内の強豪校 富士見高校に入学、2年生時に春高出場、インターハイ優秀選手、全日本ジュニアに選出される。1998年NECレッドロケッツに入団。翌年のVリーグでは史上初となる全勝優勝という快挙を達成。その後、2013年5月に引退するまで、15年もの長きにわたってチームの中心選手として活躍した。(Vリーグ優勝3回、黒鷲旗優勝1回)
    また、日本代表としては2000年に初選出され、2001年グラチャンで銅メダルを獲得。2004年アテネ五輪 5位入賞。2008年北京五輪 5位入賞。
    現在はバレーボール指導、解説者として普及活動に努める。

    杉山 祥子さんからのエール

    為せば成る

    Coming soon

  • 渡邉 拓馬さんからのエール

    Sacrifice

    渡邉 拓馬 TAKUMA WATANABE

    男子バスケ

    福島県立福島工業高等学校を卒業後、トヨタ自動車アルバルク、日立サンロッカーズ東京、アースフレンズ東京Zを経て、2015年よりトヨタ自動車アルバルク東京に復帰しシーズン終了をもって引退。 これまでに、トップリーグでは新人王に選ばれ、日本代表としても活躍した。
    福島県立福島工業高等学校 - 拓殖大学 卒業
    2001-2012年 トヨタ自動車アルバルク
    2012-2014年 日立サンロッカーズ東京
    2014年-2015年 アースフレンズ東京Z
    2015-2016年 トヨタ自動車アルバルク東京

    渡邉 拓馬さんからのエール

    Sacrifice

    Coming soon

  • 原田 裕花さんからのエール

    今を全力で!あきらめない心!

    原田 裕花 YUKA HARADA

    女子バスケットボール

    全日本を含め、小学校から所属した全てのチームでキャプテンを務め、国内外で活躍した。二度の膝靭帯断裂という大怪我にみまわれながらも見事復活し、日本代表では、アトランタオリンピック7位入賞の原動力となる。大会終了後、現役引退。

    原田 裕花さんからのエール

    今を全力で!あきらめない心!

    Coming soon

  • ©Y.Umeda/studio dp

    沢松 奈生子さんからのエール

    夢は高く!目標は身近に。

    沢松 奈生子 NAOKO SAWAMATSU

    テニス

    小学生時代は親の海外転勤に伴い、ドイツで過ごし、現地のスポーツクラブで色々なスポーツを体験。帰国後、日本国内のテニスのジュニアタイトルを多数獲得、夙川学院高ではインターハイ優勝(個人・団体)、神戸松蔭女子学院大入学と同時にプロ転向。1988 年(高校1年生)15 歳6 ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルスに優勝(初出場)。四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の記録も保持。1995 年の全豪オープンの期間中に阪神・淡路大震災が発生、自宅は全壊の被害に遭ったが、家族は奇跡的に全員無事。その最中、この全豪オープンでベスト8に進出。4 大大会の自己最高成績を記録した。沢松はプロのキャリアを通して、10 年間にわたり世界ランキングトップ30位台以内を維持した。4 大大会でも「34 大会」連続で本戦にストレートイン。オリンピックには1992 年バルセロナ五輪と1996 年アトランタ五輪の2 度出場。シングルス自己世界最高ランキンは14 位(日本ランキングは1位)。WTA 女子プロテニスツアーでシングルス優勝4 回を挙げた。現在は、テニス解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師など。レギュラー出演はTBS系の朝のニュース番組「あさチャン」、大阪毎日放送の人気番組「ちちんぷいぷい」で、コメンテーターを務めている。

    沢松 奈生子さんからのエール

    夢は高く!目標は身近に。

    Coming soon

  • 浅越 しのぶさんからのエール

    毎日の練習が自信に変わる!!

    浅越 しのぶ SHINOBU ASAGOE

    テニス

    1997年プロデビューし、2000年にウィンブルドン本戦初出場を果たし、2004年全米オープンでは初のベスト8を成し遂げる。2000年シドニーオリンピック・2004年アテネオリンピックに出場し、2006年10月に現役引退。WTA(女子テニス協会)最高ランキングは、シングルス21位(2005年4月)・ダブルス13位(2006年5月)

    浅越 しのぶさんからのエール

    毎日の練習が自信に変わる!!

    Movie Movie

  • 瀬間 友里加さんからのエール

    継続する力が未来の自分をつくる

    瀬間 友里加 YURIKA SEMA

    テニス

    7歳でテニスを始め、2001年には全国中学生テニス選手権大会シングルス優勝を果たす。高校卒業後の2005年にプロ転向。2010年は2月にマレーシアクアラルンプールで行われたフェドカップアジア/オセアニアゾーンGroup Iラウンドロビンでフェドカップ日本代表に初選出。現在も国際的に行われているITFトーナメントに於いて優勝を収めるなど、精力的に技を磨いてきた。2015年に現役を引退。

    瀬間 友里加さんからのエール

    継続する力が未来の自分をつくる

    Coming soon

  • 穂積 絵莉さんからのエール

    自分を信じる強さが最大の武器

    穂積 絵莉 ERI HOZUMI

    テニス

    1994年2月17日、神奈川県平塚市生まれ。ジュニア時代から世界のメジャートーナメントで実績を残し、プロ転向後、2013年には19歳にして全日本選手権で優勝し、その名を轟かせる。
    2014年には仁川アジア大会でシングルス・団体で銅メダルを獲得、2015年からはフェドカップ日本代表に選出され、2015年のアジアオセアニアゾーンでは単複計5戦全勝して優勝に大きく貢献するなど、日の丸を背負った大舞台で勝負強さを発揮する。
    特に、ダブルスでは2016年4月にはカトヴィツェオープン(ポーランド)でWTAツアー初優勝を遂げ、リオデジャネイロ五輪ではダブルスでベスト16に進出。
    グランドスラム(四大大会)でもダブルスで実績を積み、全米オープンベスト16、また記憶に新しい2017年全豪オープンでは日本人ペア初となるベスト4の快挙を達成し、大きな話題を呼ぶ。
    同じく2017年全豪のシングルスでは、厳しい予選を勝ち抜き初のグランドスラム本戦出場を果たし、単複共にグランドスラムの舞台で活躍する。
    2020東京五輪のメダル候補として、大きな期待を集めている。

    穂積 絵莉さんからのエール

    自分を信じる強さが最大の武器

    Coming soon

  • 廣瀬 栄理子さんからのエール

    練習は心を強くする。

    廣瀬 栄理子 ERIKO HIROSE

    バドミントン

    バドミントンで強くなるために青森山田高校へ「バドミントン留学」をする。高校1、2年生時のインターハイ ダブルスで連続入賞。2003年に高校を卒業し三洋電機(現 パナソニック)に入社し、その年の全日本総合選手権で3位入賞を果たす。2004年の全日本総合選手権では初優勝を果たし、以降国内外の大会で活躍。2008年北京オリンピックに出場し、シングルスでベスト16入りを果たす。また、2017年より日本代表のBチームコーチとして選手の指導にあたっている。

    廣瀬 栄理子さんからのエール

    練習は心を強くする。

    Coming soon